小西浩文さんの教材は登山初心者は絶対に見ておくべき

登山人気の高まりで、今まで山に登ったことがほとんどなかった人が続々登山に挑戦しています。私のような登山好きからすすと登山に興味がある人が増えるのはとても嬉しいです。

登山には言葉にできないほどの魅力があり、それを感じる人が増えるのは素晴らしいことだと思うからです。

一方で登山には他の趣味にはないような危険もあります。あなたも毎年のように山で起こる遭難事故のニュースを目にしているはずです。警視庁の発表では2012年の山岳遭難は下記のような状況になっています。

遭難発生件数 死者・行方不明者数 負傷者数 救助者数
1,988件 2,465人 927人 1,254人

※数値は警視庁平成24年中における山岳遭難の状況より抜粋

ここ数年は毎年のように過去最悪を記録し続けています。残念ながら多くの事故は事前の準備不足に原因があるようです。事故に合えば「まさか自分が」と誰もが思いますが、その兆候は登山前から現れているのです。

さらに、これらの遭難事故は富士山のような3,000m級の山でばかり起きているわけではありません。例えば登山初心者に人気のある高尾山(標高599m)でも、遭難者の増加に伴い高尾警察署には山岳救助隊が設置されています。

つまり標高が低い初心者向けの山であっても、しっかりした準備をせずに登山をするのは危険なことなのです。

とはいえ、どのような準備をしたらいいのかがよくわからない人がほとんどだと思います。私がもっともおすすめしたいのは著名な登山家である小西浩文氏が監修した『「目で見て分かる登山教室」楽しいトレッキング講座』という教材です。

登山前に必要なトレーニング、失敗しない登山用具の準備、疲れにくい山中での歩き方など、初心者が登山を楽しむために必要なことがひと通り説明されています。

安全な登山のために必要な準備が全てわかる 登山中の遭難・事故のリスクを低減できる 初心者でも同行者にいいところを見せられる

などたくさんのメリットがあるので、登山初心者の方は是非ご覧ください。

小西浩文さんの登山教材についてもっと詳しく知る